プレゼント コーチ トレーナー ビデオ 病気 話題 励まし ボクシング チャンピオン" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

エディタウンゼント 井岡 [スポーツ]

スポンサーリンク




エディタウンゼント 井岡


今日の1分間の”深イイ話”に井岡弘樹さんの師匠である、
エディタウンゼントさんの話が出てくるのだとか。


エディタウンゼントさんは、元世界王者・井岡弘樹さんを教えたトレーナーで、
また他には、ガッツ石松さんや赤井英和さんなどを教え、
6人の世界チャンピオンを輩出している名伯楽です。


中でも、井岡弘樹さんだけは唯一、
エディタウンゼントさんが一から指導したそうです。
しかも、井岡さんのことを息子のように可愛がって、
寝食をともに過ごしたのだとか。


中でも、私が心を惹かれたのは、エディタウンゼントさんの教え方です。
近頃、体罰などが話題になっていますが、
この話を聞いたらそんなバカなことぶっ飛びました。


エディタウンゼントさんは、昔ジムに指導に行ったとき、竹刀を持っているトレーナーを見かけたそうです。
そして、そのトレーナーの教え方に不満をぶちまけこういったそうです。
アレ捨ててよ。あれがあったら僕選手に教えない!わざわざ叩かなくていいの!言いたいことは言えばわかるんだから!
と、おっしゃったのだとか。


まさに、欧米的な考えだと思います。
しかもこの話は、まだ1980年代の話だったというのだから驚きです。


日本では、未だに体罰があるというのに、欧米では30年以上も前から、
そんなことはなかったのだと考えると、
日本の考えは、いいところももちろんありますが、やはり古いと言わざるを得ません。


しかし、井岡さんによると、普段はエディタウンゼントさんは優しかったそうですが、
練習中などはとても厳しかったのだとか。
しかし、誰よりも選手思いだったそうです。


選手が負けた時は、ずっとそばで励まし
勝ったときは、選手を思い祝勝会に姿すら表さなかったのだとか。


そして、病気で息を引き取る前に、井岡選手の防衛戦がありました。
その防衛戦に井岡選手が勝利し、その吉報を聞いたエディタウンゼントさんは、
Vサインを残し、静かに息を引き取ったそうです。
立派すぎて泣けてきます。

誰よりも選手思いの人って、本当にその選手をやる気にさせてくれますし、
選手としても、このコーチ・トレーナーのためなら勝利をプレゼントしたいという、
お互いがメリットだらけになりますよね。


今では、このエディタウンゼントさんの功績は、優れたトレーナーに残される証として、エディタウンゼント賞として受け継がれています。
また、演技も行われているのだとか。


日本にも、こんなコーチがいっぱい出てくるといいですね。


以上、エディタウンゼントと井岡弘樹さんの関係は!?でした。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。